焼かないイチゴタルト/ずぼらケーキ

目安時間4分
  • 人気ブログランキング

ずぼらさんに優しい、焼かないイチゴタルトの作り方

  

市販されている物を使うので、誰にでも簡単にタルトが作れます。

  

用意した物

・クールン 2箱

・バター

・タルト型18cm(ダイソー)

・絞るだけのホイップクリーム(業務スーパー)

・イチゴ 1パック

・ブルーベリー 1パック

  

手間なしカンタン

まずは、タルトの土台となるクッキー生地を作ります。

使うのはこちらのレアチーズタルトが作れるクールン

この製品のビスケットベースの粉を使用します。

クールンは1箱では直径15cmの台の分量になりますので、

2箱用意しました。

  

箱の中にはレアチーズの素とクッキー生地の素が

それぞれ袋に入っていますが、

クッキー生地の袋だけを使います。

レアチーズの素は、また何か別の物を作る時に使用します。

   

クッキー生地の袋をボールに開けて、溶かしたバターを加えて混ぜます。

  

バターが粉全体に回ったと感じたら、型に入れます。

この時点では粉はまだバサバサで、固まるか不安があったので、

型にラップを敷いてから生地を入れました。

  

スプーンの背を使って型に生地を押し当てて、

固めていきます。

  

固めたクッキー生地の上に、

半分にスライスしたスポンジ生地を乗せます。

  

つぎにクリームを準備します。

  

トッピング用のイチゴは1パックは多いので、

その中で色が薄いものをみじん切りにし、

ホイックリームと混ぜて、イチゴクリームにします。

  

イチゴクリームはベースにしますので、

先ほど作った土台に摺り切り一杯になるくらいの量を、

検討して作ります。

  

イチゴの量が少ないと、うっすらピンクのクリームになりますが、

上一面にイチゴとブルーベリーを敷き詰める予定なので、

クリームのイチゴ味が多少薄くても気にしません。笑

  

出来上がったクリームをタルト生地の淵と同じ高さになるように、

平らにならします。

  

ならしたクリームの上にトッピング用に残してあったイチゴと、

ブルーベリーを自分のセンスで並べます。笑

出来上がり。(^^)/

  

感想

作るのは本当にカンタンでした。

 

ただ、タルト生地が焼かないので、

カットした時にクズクズになってしまい、

取り分けるのに苦労しました。

  

下にスポンジ生地を敷いてあったので、

なんとか取り分けられた感じです。

  

味はタルト生地も美味しくて満足しています。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー

ページの先頭へ